BLOG

ブログ

今回はリストを持つことの一番あなたにとって良いメリットをお話したいと思います。

その前にリストに対して注意しなければならないのは、「個人情報の取り扱いについて」です。

リストの中には時として、お客様の大切な情報が含まれている場合があります。特定電子メール方という法律があり、これは何かというと、事前にお客様の承諾を得ず、電子メールを送ってはならないということです。あなたも目にしたことがあると思いますが、「お得な情報を受け取る」という横にチェックボックスがあったりします。ここをチェックすることによって承諾を得た意味をなすというこです。

個人情報については一度は必ず目を通してください。

では、本題に入ります。

 

リストを保有することのによる最大のメリットとは?

リストを保有して、さらに活用をし広告を展開し売上を倍増させていくにあたっていくつかのメリットがあります。

1.ロスがなく、無駄な経費や時間が存在しない

通常、広告を打つ場合はチラシをデザインしたりするため時間がかかり、デザインが決定するまでに多大な労力が必要となります。デザインが出来てからも法律面でのチェック(美容系であれば薬事法など)が必要となり、多くの部数を印刷する場合、入稿に対して誤字脱字がないかなどドキドキしなくてはなりません。また、営業マンを雇って、電話営業をする際の人件費もかかりません。全てはインターネットを活用するため、不要なコストが全くかからないことが大きなメリットとなります。

2.営業時間が存在しない

実店舗を含め、普通は営業時間というものが存在します。しかし、インターネットを使用した場合は24時間365日、見込み客を集めることができ時間を指定して、早朝にメールを配信することも可能です。サイトを訪れる見込み客の時間帯に合わせてメール配信が行えることは、成約率の向上にもつながります。

3.営業範囲が日本のみならず、世界中を相手にできる

リストを保有しているお客様は日本各地、さらには世界中から集まってきます。つまり、あなたの商品やサービスさえ気に入ればどこからでもリストを集めることができ、アプローチができるということです。

4.全てを自動化できること

今、インターネットを利用したビジネスは全てといっても良いくらい自動化できます。見込み客を集め、そして、そのリストに対してアプローチをし、成約したらアウトソーシング先の倉庫から商品を発送。その後、カード会社や運送会社からあなたの口座に売上代金の振込があるといった具合です。実店舗では考えられないですが、全てを自動化にでき、あなたに大幅な時間をもたらしてくれます。

上記が主なメリットになりますが、簡単には書いていますが経営したことがある方にはわかると思いますが、とてつもなく大きなメリットと言えます。経営において、「人件費」は固定費として経営を圧迫します。全てはあなたとインターネットさえあれば、人を雇用することもなく自動化できるのです。もちろんこれはリストに対して営業をかけるということに関してなので、もちろん必要最低限の人員は必要になってきます。

わかりやすく言えば、

「インターネットを活用したリストから得られるメリットは、会社においての生産性を爆発的にあげることができる」

ということです。

もちろん色々な知識も必要とはなってきますが、これさえマスターすれば数人の会社で数億円規模の売上を運営できるということです。実際に私の会社も数人で最大の生産性を求め運営しています。従って、決算書は自ずと利益率が高くなっています。

ジャンルを問わず、顧客リストを保有することは非常に重要です

「ジャンルを選ばない」ということもメリットの一つかと思います。

あなたが営業マンだったとしましょう。私も過去に営業をしていましたので、通常の営業手法と呼ばれるものは全て実践しました。しかし、時間効率が非常に悪いことを気づきました。例えば時間効率に関して言えば、訪問営業です。1件1件訪問して見込み客を探すわけですが、1日100件廻っても1件見込み客が見つかるかどうかです。テルアポもそうです。確かに訪問よりは時間効率は上がります。そして、電話をかけるターゲットも絞ることができます。ただし、「今は責任者がいない」「私では分かりかねます」「必要ありません」とあっさり断られ、精神的にも自信をコントロールしていくのが困難でした。

しかし、見込み客が向こうからやって来る場合はどうでしょう。あなが住宅メーカーの営業マンとして、「家が欲しいのですが、教えてください!」といった場合です。今までは、家を購入したい人を1人見つけるのは非常に大変だったのに、あっさり向こうからやってきました。この状態をあなたが意図的にできたらどうでしょうか?

実際に、インターネットを活用するとそれが現実になります。

もう一度、大切なのでいいますね。

「営業マンとしてトップを取りたいのであれば、向こうからやって来る仕組みを作ること」

これさえ理解しマスターすれば、あなたは今の会社の営業マンとしてトップに近づきます。私もこの方法で年間3億円もの売上を営業マンとして毎年、作り上げてきました。

リストと営業マン、何も関係はないと思われがちですが今すぐにでも営業でトップになりたいのであれば、インターネットを活用する方法を学んでもらえたらと思います。そして、精神的に辛い思いのしやすい業種ですが、学ぶことによって、毎日を快適に過ごしてもらえたら嬉しいです。

インタネットが普及する中、あなたの敵は色々なことに挑戦し、実践しています。

あなたもすぐに行動してください、きっと明るい未来があなたを出迎えてくれることでしょう。

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

追伸:私も営業マンとしてものすごく辛い時期がございました。経営の売上に関してもそうです。

もし今あながた、「売上の数字が上がらなくて困っている」「もっと具体的な手法が知りたい」という方はお気軽にメールにてご連絡ください。

少しでもあなたの売上に貢献ができたら幸いです。

共に頑張りましょう。

記事一覧

SHOTA NAKAMURA

SHOTA NAKMURA SITE Owner

関連記事一覧