BLOG

ブログ

起業をする前に必ず考えるべきこと

最近、お会いする方で「そろそろ会社を辞めて起業をしようかなぁ」と考えている方や「起業したら今の給料以上に絶対に稼げる!」「こんなに売上で会社に貢献しているのに、給料が安い。だから、自分で起業して稼ごう」という声を多く聞きます。

実際に私は19歳から起業(起業といっても当時は大きなものではなく一人で行うビジネス)をし、今まで生き抜いてきました。

そこで考えられるのは、単純に「起業はそんなに簡単ではなく、甘いものでない」ということです。

例えば、起業をする前に考えなくてはならないのは

  • 養っていく、守っていく家族がいるかどうか?
  • 売上が1年間発生しなくても生活は維持できるか?
  • 参入する分野のプロフェッショナルが近くにいるか?

などを考えなくてはなりません。自分一人であれば、寝る場所と食事、最低限の生活維持費用があればなんとか軌道にのるまではしのぐことができます。しかし、家族がいる場合は違ってきます。守るべき愛する家族がいるということは、お金が多くかかるということ、そして、生活の維持ができなければ家族を不安にさせ、全てがうまくいかなくなる可能性があることを意識せねばなりません。

起業をするといっても、色々な形があります。単純に仕入れをして、販売をするというのであれば、初期の仕入れ運転資金があり、回収サイクルが早ければ利益回収がすぐにできるためビジネスの形態としては容易にできます。しかし、「仕組みを作るビジネス」となると時間と費用が目先発生します。

つまり、どんなジャンルであれ、起業当初がうまくいかないことを想定して、最低限必要な生活費用として1年間分の維持費用の資金を用意しておくことが精神的にも安定します。

事実、私は何も考えずに当初は起業したため、資金繰りに苦労をしました。売上があっても、代金を回収するのは翌月末。遅いところでは翌々月末です。これだけ遅いと、仕入れ先には先に代金を支払わねばなりません。

よく考えればわかることなのですが、こういった単純明解なビジネスの形は起業当初は何もわからない状態かと思います。「そんなことわかっています!」という方がみえますが、実際に大きな契約を成立させた場合はどうでしょうか?いつもなら数万円から数十万円の仕入れ代金で済みますが、大きな契約ができたと喜んでいるのもつかの間、契約条件は翌々月末の支払い。業者様への支払いは翌月末で大きな契約のため仕入れ代金は数百万円。利益がでるこは分かっているのだけれど、仕入れができない・・・・。

このようなことは、ビジネスを進めていく上で多々、発生します。

つまり、あなたが起業するにあたって的確なアドバイスをしてもらうことのできるプロフェッショナルが近くにいるかということも非常に重要となってくるわけです。目先ではなく、長期的な視点で物事を捉え、色々なリスクや問題点を見つけ親身にアドバイスをしてもらえるような方です。

起業するということは、大きな覚悟が必要となります。何故ならば、あなたが起業することによって色々な人を巻き込んでいくことになるので責任が発生するからです。現在の世の中において、良い商品ができたから必ず売れるとは限りません。良い商品であっても、マーケティングが共わなければ他の商品に埋もれ、眠ってしまします。そして、ほとんどの人が目にすることもなく、商品として残り、廃棄されビジネスとして終了してしまいます。

<h3 class=”news_headline1″><strong>再び、自分に問いかけること</strong></h3>

一度、今の起業したい気持ちをもう一度見つめ直してください。

単純に「お金を稼ぎたい!」という気持ちだけでは、必ず失敗します。目先の利益を追うことによって発生するリスクはものすごく大きく、そのリスクを清算するのには大きなエネルギーが必要となってくるからです。

そして、起業をしようと思った時に自分に問いかけてください。

  • あなたの起業するビジネスで、大切な家族を守ることはできますか?
  • 目先の利益ではなく、未来のビジョンがありますか?
  • 起業を親身になって応援してくれるようなプロフェッショナルな方は側にいますか?
  • 売上がしばらくない状況でも、生活は維持できますか?

上記の4つの質問が全て「YES」であれば、精神的に追い詰められることもなく、ビジネスを構築する上で時間を多くもつことができ、リスクが減ります。

起業をする前に、何を考えるべきなのかを再度、確認をしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

記事一覧

SHOTA NAKAMURA

SHOTA NAKMURA SITE Owner

関連記事一覧